東欧&オランダ Carコレクション No.2【動画あり】

 

前回に引き続きユーロッパの車についての記事です。

前回はサラエヴォノヴィ・サドの車を紹介しましたが、今回はセルビア第三の都市ニーシ&首都ベオグラードで見た車をご紹介します。

今回も自己満足と個人的感想の書き込みをご容赦下さい。 (*^-^*)

変わらず写真が多いのでサラッとご覧下さいませ。

関連記事

東欧&オランダ Carコレクション No.1

セルビアのクルマ

ニーシ

セルビアの滞在期間中、第三の都市"ニーシ"に4泊5日で行って来ました。

ニーシはセルビア南東部に位置しています。
北部にある滞在地スレムスキ・カルロヴィツィから長距離バスで4~5時間程。

そんなニーシですが、市街地はとてもコンパクトです。

郊外を含めた総面積は597㎢で、神戸市と同じ位。( 結構広い )
人口は神戸市154万人に対し26万人と少なめ。その内の19万人が市街地に暮らしています。

逆に分かりにくいですね… (;^ω^)

昨年ニーシを訪れた友人がこちらで出来た友達に再会するための訪問となりました。

ここでも見慣れない車を沢山見て来ましたよ。


 ニーシ中心部

ニーシ要塞から見下ろすバスターミナル

ミラン王広場

ミラン王広場から続くニーシ要塞前 駐車場

ニーシ要塞に繋がる橋の駐車場に"アウディA8"が停まっていました。

この車、アウディ最高峰のセダンで、フレームはオールアルミ製!  日本価格は850万円から!

"Audi Space Frame"と呼ばれてるその技術は、今ではカーボンやスチールと組み合わせ更に進化してるらしいデス。

一応私もAUDIに乗ってましたんで… 激安のA3ですが…ハイ (;^ω^)

 

フィアット・デュカト -Fiat Ducato-

LCV(Light Commercial Vehicle)と呼ばれる商用車の"フィアット・デュカト"です。

前回の記事で紹介したフィアット・フィオリーノより大きく、同じ様にプジョー&シトロエンでもバッジ違いで販売されています。

この車もオシャレですね~  日本でも走って欲しい

ワイド幅のハイエースやNV350キャラバンより大きいので普段使いは持て余しそうですが、調べたところ埼玉県のキャンピングカー製造・販売で有名な"VANTEC"から"V670"として日本に登場する予定だそうです‼

キャンピングカーコラム:V670

 

ニーシ要塞

ニーシ市街を流れるニシャヴァ川


ニーシ市街

スズキ・ジムニー -SUZUKI Jimny-

ニーシ市街を歩いた時、スズキのクルマを何台も見ました!

『あっ、スズキ!』『おおっ、スズキ!』『ここにもスズキ!』正に、スズキ祭りやぁ‼…ってスミマセン (^-^;

まずは世界中で愛されているジムニー!

これは2代目だと思うのですが、輸出仕様1,000ccのサムライかな… 知識が薄くてゴメンナサイ。
この車のオーナーは色々手を入れてますね。

滞在地のカルロヴィツィでもジムニーシェラを見かけましたし、フツーに各地で走っていました。

20年ぶりにモデルチェンジした新型もヒットするのは間違いなさそうです‼

スズキ・ワゴンR+ -SUZUKI Wagon R+-

続いてワゴンR+です。日本でも製造販売されていましたが、欧州ではハンガリーのマジャールスズキ社製を販売。

日本ではこの車が"ソリオ"に育っていくのですが、欧州ではこの車のOEMが"初代 オペル・アギーラ""2代目アギーラ"が下の写真 スプラッシュOEMになります。

SUZUKIソリオHP

オペル・アギーラ -OPEL Agila-(スズキ・スプラッシュOEM)

そのスプラッシュのオペル版"2代目アギーラ"が停まっていました。

スズキは国産メーカーの中でも、いち早く海外に目を向け商売をして来たメーカーです。
鈴木 修 会長の先見の明はスゴイですよね。

提携先のオペルは日本から撤退して暫く経ちますが、今でも欧州では人気が高くカッコイイ車を提供しています。日本でも復活して欲しいなぁ~!

※ ※ ※

*アギーラの後ろにある車が分かりません~ シトロエンっぽいスタイルですがバッジはアルファロメオっぽい…。
また分かったら更新しますネ。

 


ニーシ市街を走るシトロエンC4

ニーシ 大型集合住宅

ルノー・エスパス -Renault Espace-

ナンバーが無い 4代目ルノー・エスパスも停まっていました。

初代エスパスは欧州で最初のMPV(マルチパーパスビークル)としてベストセラーになり、現在は5代目が左ハンドルのみで販売中。( オランダで5代目を見ましたので、またご紹介します !(^^)! )

この4代目はガソリンエンジンが日産製、ディーゼルがいすゞ製の物を搭載していたそうです。

 


イヴェコ・デイリー -IVECO Daily-   フォルクスワーゲン・シャラン -VW Sharan-

フィアットグループの商用車メーカーイヴェコ社から出ている"デイリー"です。

前回ノヴィ・サドでも同社の作業車を頻繁に見ました。

下の写真"フォルクスワーゲン・クラフター" やこの記事の先頭で紹介した"フィアット・デュカト" 前回の記事の "メルセデスベンツ・スプリンター"等、欧州のLCV市場はとても充実していて日本以上にマーケットは確立しています。

日本では見る事の出来ないこれらの車を見ると、ついカメラを向けてしまいました~ (´っ・ω・)っ

フォルクスワーゲン・クラフター -VW CRAFTER-


RODAショッピングセンター

ニーシは中心街を離れると店が少なくなる為、大き目のショッピングセンターが所々に在ります。

上の写真はセルビアのスーパーマーケットチェーン"IDEA"の系列店"RODA"です。

日本で言うところのイオンモール的な施設…かな。

RODA 入口

入口はこんな感じです。

撮影出来ませんでしたが店内はかなり広く、食品から日用品まで品揃えはとても豊富でした。

元々物価が安いセルビアですが、セールを利用してIDEA等で買えば更にお得に買い物できます。


ニーシ 街中の歩道

ニーシはベオグラードやノヴィ・サドに比べると下町感がハンパないです。

良い意味で親しみ易いと言うか…街中を歩いていたら信じられない位ボコボコになっている場所も…(笑)


双竜・コランド -SsangYong Korando-

双竜・コランド -SsangYong Korando-

この車は初めて見ました。韓国の中堅メーカー 双竜(サンヨン)自動車の"コランド"というモデルです。

2ℓディーゼルターボ採用のAWD(4WD)、3代目のモデルに当たります。

日本メーカーのバッジが似合いそうなデザインで、中々高級感がある車でしたよ。

 

ルノー・セニックRX4 -RENAULT SCENIC RX4-

"ルノー・セニックRX4"が歩道に乗り上げて駐車していました。

ルノーの小型MPVセニックを4WD仕様にしたレアなモデルです。

2001年販売なので古いモデルですが、外観がキレイだったので大切に乗っているんでしょうね。

何かチョロQみたいなスタイリングが愛嬌あって私は好きです。(^^♪

 


スバル・フォレスター -SUBARU FORESTER-

スバル・フォレスター -SUBARU FORESTER-

フォレスターもいました。エンジンは欧州専用の水平対向ボクサーディーゼル

このエンジン、スバルが作った世界で唯一の水平対向ディーゼルエンジンで、日本にも導入を望む声が大きかったのですが、結局は今も欧州専用のままです。

更にスバルの発表だと2020年を目処に製造が終わるそうです…残念。

このフォレスター、屋根に付いてるツノが可愛らしいですネ。

世界唯一の水平対向ディーゼル EE20型

 


フォルクスワーゲン・ゴルフⅡ -VW GOLF Ⅱ-

写真が悪くてごめんなさい 🙇 2代目ゴルフも見かけました。(後ろに4代目も)

日本でこの世代を見る事はほぼ無いので"パチリ!" この個体はまだまだキレイでした。

初代ゴルフが発売されたのが1974年。現在のゴルフが7代目(7.5代目)なので、45年近くもCクラスのベンチマークとして生産されて来た事はほんとにスゴイと思います。

 

但し手放しでは応援出来ず、会社的に色々あるのは事実です。

2015年9月アメリカで発覚した『VWディーゼル不正問題』を発端にヨーロッパではディーゼルに逆風が吹き続け、2018年6月18日にはVWの子会社であるアウディのCEOが逮捕されたりと未だに問題の解決には至っていません。

問題はVWグループだけに留まらず、他メーカーも同様の不正があったとの報道も見かけます。

スバルが水平対向ディーゼルを諦めるのもこういった背景があるのは間違い無いでしょうし、いちクルマファンとしてこの問題にも関心を寄せたいと思います。


フォルクスワーゲン・パサートB2 -VW PASSAT-

ニーシには日本と同じように温泉保養地があり、中心街から車で20~30分程走ると、セルビアでも有名な温泉地"ニシカバーニャ"を訪れることが出来ます。

滞在時、歩いてニシカバーニャを往復(!)したのですが、道中の町に "フォルクスワーゲン・パサートB2"がありました。

日本ではゴルフの方が有名ですが、実はパサートのほうが歴史が古く1973年に初代が登場しています。

B2は2代目モデルで1981 – 1988年まで製造。日本には正規輸入されませんでした。現行はB8で8代目のモデルになります。

今見ると角張ったデザインが新鮮で、使い込んだ感じが逆に良いですね~。

 

2 件のコメント

  • おぉ~!
    さすが、車マニアのブログ主さん!
    我輩には、全部同じに見えるのですが、
    いろいろ特徴があるのですねぇ~!
    それにしても、セルビアはガソリン代、高いですよねぇ~!
    車に乗るって、すごい贅沢なのかも?!
    これからも、ブログ、楽しみにしてま~す!

    • ありがとうございます。
      確かにセルビアのガソリン代、高いですよね
      車は贅沢なのに結構な台数が走ってる…
      親類の出稼ぎが頼りになるのでしょうね。
      近いうちにカルロヴィツィ&オランダ版もUPします。(^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です