ドーハ・ハマド国際空港での乗り換え(トランジット)方法

 

東欧の国セルビアへの海外旅行。
成田空港からカタール航空に乗り、中継ポイントである【ドーハ・ハマド国際空港】に到着です。

初めての空港で乗り換え手順も手探りでしたが、今後訪れる皆さんの参考になればと思います。

ハマド国際空港 中央ロビーのテディベア

でっか~ ‼

ハマド国際空港 DEエリア巨大うなだれ君

でっか~ ‼

Cエリア電車を下車しハマド国際空港 DE搭乗口へ

ひろ~っ ‼

スミマセン…(^-^;


ドーハ ハマド国際空港に到着

成田空港からカタール航空を使って約11時間!
ようやく乗り換えの【ドーハ・ハマド国際空港】に到着しました。

疲れた~ :(;゙゚”ω゚”):

事前に調べてはいましたが、とにかくスケールが大きい空港です。

夜間に到着したのですが、物凄く広い国際空港なので建物からは離れた場所への到着でした。

その後、大きなバスで到着ロビーまで移動。
4人中1人だけが先のバスに乗せられてしまい焦りましたが、直ぐに次のバスが来てひと安心。

乗り込んだバスには色々な国の方が乗ってました。
ここハマド国際空港で乗り継ぎをして各国へ移動する人がとても多い事が伺えます。

ハマド国際空港 送迎バス

その後バスは建物に到着、先に行った彼ともそこで無事に合流。

エスカレーターで2階に上がると、すぐに保安検査場フロアになっています。


保安検査場でトラブル

私達は乗り継ぎ先のDエリアに移動するのですが、今回はカタール航空で到着し、カタール航空で出発するので保安検査は要らないかな…と思ってたんですが甘かったです。

しっかりと!保安検査がありました、それもかなり細かい検査が。

いつも通りPC、スマホ、パスポート、ベルト、カメラ、時計等は機内持ち込みカバンとは別にトレイに入れ進みます。

金属探知機のゲートも問題なく通過したのですが、ここで問題が…。

今回私は久しぶりの海外旅行だったので、準備にはかなり時間を掛けました。その中【Amazon】でTSAロックを二つ買ったのですが、南京錠タイプではなく、少し変わったタイプにしました。

荷物の出し入れが頻繁にあったので、あえてロックはせずにカバンの中に入れていたんですが、

こんなタイプで、大きさは7~8センチ位。

どうもこれがX線検査装置で見た時に爆発物などのよろしくない物に見えたようで、メインのカバンはもちろん、サブで持っていたカバンもチェックが入って中身をほぼ全て出す勢いに。

「これは何だ?」とX線画像を見せながら言ってきたので、TSAロックを取り出し説明をすると、検査官のチーフ的な人に確認を取りに行き、納得してくれた様子。

ホッ…。

時間にすれば10分程度だと思いますが、正直かなり焦りました…。

「出した荷物は自分で片づけるからOKだよ」的な意味をジェスチャーですると、検査官の方が笑顔で「Thank You」の答え。 無事に保安検査場を通過となりました。

日本国内ではここまでの細かいチェックを受けた事が無かったので、ある意味良い経験になったと思います。

今後はそういったトラブルを予防する為にTSAロックを最初からカバンに付けるか、透明の袋に入れてカバンとは別に確認して貰えるようにする方がベターと感じました。

ハマド国際空港 保安検査場で検査を受ける私。( グリーン枠内の奥 ) ※友人撮影

ハマド国際空港 保安検査場から見るディスプレイと中央ロビーに続くエスカレーター

必ず現地時間と搭乗口の確認を

ここで、すっかり忘れていたのですが現地時間の確認をしました。

ハマド国際空港のあるドーハは日本時間からするとマイナス6時間です。

空港内ディスプレイに表示されている出発時刻はもちろんドーハの現地時間ですので
これに合わせ、現地の時刻を確認して時計の時刻修正は必ず行いましょう。 

( 因みに今回のeチケットに書かれている出発時刻も現地時間の表記でした。)

ヘタするとそれが原因で乗り遅れてしまう事があるかも知れませんので要注意です。

あと、海外では予定されていた搭乗口が変わる事も多いらしく、
搭乗口の確認は直前まで何回かした方が良いと思います。


乗り継ぎ搭乗口へ電車でgo!

無事に保安検査場を抜けて乗り継ぎの搭乗口 Dエリアへ。
この時点ですでに飛行機を降りて1時間程は経ってしまったので先を急ぎます。

検査場からエスカレーターで下った所が中央フロアになっていて、例の大きな【テディベア】が目印になっています。

ハマド国際空港:HPより引用

 

何故か恐竜のディスプレイが…

ハマド国際空港 恐竜のディスプレイ

普通にアストンマーチンとメルセデスのカブリオレが展示されていました。

ハマド国際空港 展示アストンマーチン

子供たちが遊べる様なエリアもあります。

ハマド国際空港 遊び場

Cエリア入口付近には自由に使えるMacも並んでいます。
空港内フリーWiFiもあるのですが、イマイチ使えませんでしたので
メール等を確認するならこちらが良いかも知れません。

結局私はこの空港での通信を諦め、セルビアに入ってからSimフリースマホを使う事にしました。

このCエリアを抜けて行くのですが、距離があるので上階には電車!が走っています。
写真奥の階段&エスカレーターを上るとCエリア電車の乗り口です。

ハマド国際空港 フリーMac

ハマド国際空港Cエリア 上階に電車が到着

空港内に電車とは!さすがは中東のリッチな空港です、重たい荷物も少しは楽に感じますね。

ハマド国際空港Cエリア上階を電車が向かってくる様子

電車の中はこんな感じ。

ハマド国際空港 Cエリア電車内の様子

DEエリアに続くフロアで下車後、ミッキーマウスなのかピノキオなのかよく判らない巨大なうなだれ像に会いました。
大きさには驚きますが、個人的にはもう少し元気な像が見たかったかな。
(;^ω^)

ハマド国際空港 電車内から見るうなだれ像

エスカレータで2フロア下り、左側のDエリアに向かいます。


途中、小腹が空いたので何か食べたかったのですが、ハンバーガーセットが日本円にすると2~3,000円!
【 高っけ~!(*”ω”*)! 】ということで断念、機内食の時に取っておいたパンとオレンジジュースでしのぎました。

ハマド国際空港 ハンバーガー店

Dエリア搭乗口

今回はそれ程時間が無かったので利用しませんでしたが、Dエリアには
【ファミリー クワイエットルーム:仮眠室】も有り、自由に利用出来ます。

テディベアの居る中央ロビー近くにも同じ仮眠室があるのですが、
そちらは人が多かったので時間のある時はDエリアの仮眠室がオススメです。

他にも下の写真のように椅子は多過ぎる位に用意されてますので、乗り換え時も比較的くつろいで過ごす事が出来ます。

ハマド国際空港 Dエリア搭乗口

搭乗口の近くにはスマホやPCの充電スポットも有り、私達もさっそく利用しました。
【変換プラグはCタイプが使用可】

海外あるあるなんでしょうか、雑に使われた為かコネクタ差込口が幾つかある内、バカになっている口も多かったです。


トイレに掃除のお兄さん

トイレについても紹介しておきますね。(もちろん男子トイレのみです。)

空港内のトイレは当然無料です。どのトイレにも殆ど掃除のお兄さんがいて常にキレイに掃除しています。

凄いな…と感心しながら手を洗うと、すかさずペーパータオルを何枚か取ってくれました。
「そこまでせんでも…そんなに枚数いらんし…」と思いながら「Thank you」と受け取り手を拭いて外へ。

その後暫くしてもう一度同じトイレに行くと、今度はこちらのことなど全く無視…。

ハマド国際空港トイレ1

大きい方には謎のシャワーの様な物が…、何に使うのでしょうか?

ハマド国際空港 トイレ2

ハマド国際空港トイレ3

私は渡しませんでしたが、要はチップが欲しかったようです。 日本では考えられない事ですが、こちらでは普通なのだと思います。


その後、無事に乗り継ぎ便へ乗り、いざサラエヴォ国際空港へ ‼


今回のトランジットの時間は3時間弱でしたが、仮に到着便が遅れたりするともっと忙しい事になっていたかも。

一見3時間は長く感じられると思いますが、保安検査や諸々を考えると3時間弱で丁度良かったと思います。

海外ではどんなトラブルが起こるか想像が付かないので早め早めの行動がベターですね。

6 件のコメント

  • おぉ~!
    記事が読みやすく書き直されてますね!
    トイレのあのシャワーのようなもの、
    我輩はウオシュレットのようなものだと勝手に考えて、
    トイレの中をビチャビチャの水浸しにしてしまったことがあります(笑)
    今もまだ使い方が分かりません。

    • 実は私も使ってみようとしたのですが、水が結構勢い良く出るし、
      どう考えてもその辺がビチャビチャになりそうだったので止めました。
      謎ですね… (=゚ω゚)ノ

    • skipper 様
      コメントありがとうございます。
      返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      確かにご指摘通りオストメイト用のシャワーですね。
      勉強不足でした。ご指摘ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です