東欧の国セルビアへの誘い

セルビアとの出会い

今度セルビアに行くけど一緒にどうですか?世界が広がりますよ

から始まった東欧の国セルビアへの誘い。
きっかけは同じ職業訓練学校に通う同期二人の会話を耳にしたことでした。

ちなみに私は、先日まで『就職』という同じ目標を持つ仲間と職業訓練学校に通う毎日だった50歳になりたてのおっちゃんです。

今まで色々な職業を経験し自分なりには努力して来たつもりですが、なかなか順風満帆とはいかず、ケガや色々な事情が重なり現在も勉強の日々です。

セルビアって何処?

私は偶然にもすぐ横に座った二人の会話を気にしつつ「セルビア? ベオグラード? ボスニア? 何それ、ヤバイんちゃうん?」と聞き流してました。

最初はどうなん?と思ってましたが、二人の会話は日を追うごとに盛り上がり、訓練終了後の5月半ばから実際に行くことに?

マジで行くんや 、スゲー!

どんな所なのかな…あの辺は紛争が多いから、きっと荒廃した感じなんやろなぁ…と思いながらググってみると、

スレムスキ・カルロヴィツィ

えっ… キレイなとこやん。

Novi Sad ペトロヴァラディン要塞からの眺め

どんな所だろう・・・行ってみたい。

職業訓練は自分なりに懸命に受けました。ですが、50代になり実際のところ就職は大変です。
訓練前も数え切れないほど応募しましたが、その度に返ってくるお祈りメールで殺されかけてました。(笑)

一般的に言えばこんな身分で海外に行くなんて無責任かと思います。けれど、何かが変わるきっかけになれば…と思い、

私も行きます。


ここで旅の仲間のご紹介。

■ 一人は私より少し先輩の50代半ばの男性。

彼は昨年( 2017年 )すでに1ヶ月間セルビアに旅行した経験があり、将来はセルビアに移住を考えての再訪問。

準備もどんどん整っているようで、スカイプを使った英会話教室を毎日受け、合わせてセルビア語の学習も1年半続けている努力家、私のセルビア語の師匠です。

■ もう一人は私のすぐとなりに席を持つ20代後半の男性。

頭の回転がとても早く、新しい事を聞いてもスポンジみたいにあっという間に自分のものにしてしまう好青年です。半農半Xの生活を目指して、色々なことに取り組んでいます。

■ 最後の一人はとなりの席の男性の友人です。 高校の同級生でゲーム好き、スターウォーズが好きなのは話が合いそうです。


訓練校でお二人の横に座ったのも何かのご縁だったと思います。このブログを書き始めたのも、お二人に勧められて始めました。

行くと決まったからには何かつかんで帰って来たい!と思います。が、海外旅行はすんごく久しぶりなので、準備するのが大~変。

ひっさしぶりの海外旅行、準備編へ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です