行くぞ!東欧の国セルビアへ

セルビアへの出発の日 お得に東欧へ

今回のチケットはセルビアへの移住を考えている先輩の彼にお願いしました。

格安航空券の比較サイト【スカイスキャナー:skyscanner】で検索して購入。

スカイスキャナーは予約するタイミングに依って値段の上下が大きいようで、何度もチェックして納得いく料金での購入がポイントです。今回は旅慣れた彼にお願いして正解でした。

混雑するGWを外して計画した結果、掛かった航空料金は往復で 72,000円 程。予定日より半月以上前には押さえておきました。

昔ヨーロッパに行った時は往復で数十万円掛かった記憶があるのでビックリです。

時間さえあれば、昔では考えられない低価格でヨーロッパに行けてしまいますね。

関西空港より離陸後、窓から見る大阪の眺め

旅のプランの紹介

現在 (2018年5月) は日本からセルビアへの直行便が無い為、一度別の国で乗り継ぎ (トランジット) して向かう事になります。

今回は成田空港からドーハ・ハマド国際空港を経由してセルビアに向かいます。

ドーハの悲劇のドーハです。…古い( 涙 )

本当は ハマドから【セルビア ベオグラードのニコラ・テスラ空港(BEG)】へ向かいたかったのですが、金額的に高かったので 【ボスニアヘルツェゴビナ/サラエヴォ国際空港(SJJ)】に入ってから長距離バスを使いセルビアへ入国する事にしました。

行きの最終的なプランはこうです。

  1. 関西空港(KIX)➡ 羽田空港(HND)【 JAL便 】
  2. 羽田空港(HND)➡ 成田空港(NRT)【 リムジンバス 】
  3. 成田空港(NRT)➡ ハマド国際(DOH)【 カタール航空 】
  4. ハマド国際(DOH)➡ サラエヴォ空港(SJJ)【 カタール航空 】
  5. サラエヴォで2泊 ➡ セルビア・ノビサド駅【 長距離バス 】
  6. スレムスキカルロヴツィへ電車移動

まずは大阪市内から関西国際空港へJRを使い移動。

私はよく九州に行くのですが、いつもLCCのpeachを利用するので関西空港には馴染みがあります。

peachはターミナル2ですが、今回はJALなのでメインのターミナル1へ。

ここ数年は関西を訪れる海外の方が増え続け、様々な国の方が行きかっていますね。

関西国際空港HP

あちらに行くと暫くお米が食べられないので、すき家の【 牛丼並盛 豚汁お新香セット 】を噛みしめて食べました!

混雑していましたが、美味しかった!

ターミナル1フードコート案内


eチケット(印刷)は大切

eチケット印刷&マイレージカード

JALのチェックインカウンターで印刷しておいた、予約の eチケット を提示します。

この eチケットはスマホ・PCの画面表示ではダメな場合がありますので、必ず印刷して持参して下さい。

もちろん、マイレージも忘れずに。

今回使うカタール航空はJALと同じ【 ワンワールド アライアンスグループ 】なので、持っている JALマイレージカード に付けて貰いました。

羽田空港までのチケットを受け取り、手荷物検査に進みます。今回は国内の移動なので、保安検査も特に問題なく通れました。

この後成田空港でもチェックインがある為、印刷したeチケットとパスポートは一番大切です。

関西空港出発ロビーからの眺め

途中、何があるか分からないので羽田への便が出発する2時間前に関空に入りました。

結果的に時間が余りましたが、その位余裕がある方が気分的にも良いと思います。


この出発ロビーで一緒に旅する先輩の彼と合流し、旅の流れのおさらい。

我々は羽田空港からリムジンバスで成田空港に向かい、一緒に旅する若い二人とは成田空港で合流の予定です。

関西空港発、羽田空港行きの便からの眺め

緊張してますが、いよいよ出発の時です。

行ってきます!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です